宮崎市 ブランドショップ エイレベル

エイレベル宮崎店。誕生日プレゼントや贈り物などお任せ下さい!ポールスミスやエッティンガー、スワロフスキー、イルビゾンテ、バカラなどなど

メンズの長財布 ラウンドファスナー式と2つ折り(見開き)式では正直どちらが良いのか?

f:id:Alevel:20170713151930j:plain

エイレベル宮崎店の吉田です。

 

皆さんはお財布を購入する時に、どんなものを求めますか?

大きさであったり、収納力、デザインなど人それぞれだと思います。

今回は、メンズのお財布選びについて書き出してみます。

まずは財布の大きさですが、長財布派と折り財布派と大きく分かれると思いますが、

割合でいうと60:40ではないかと思います。

長財布が60で折り財布が40といったところです。

では,割合が多いと思われる長財布に重点をおいていきます。

 

長財布であれば、上記の写真のように大きく2つに分かれます。

ファスナー開閉式の「ラウンドファスナー」

かぶせ式の「2つ折り(見開き)」長財布です。

 

私が昨年、一年間を通じて男性の方や女性が選ぶプレゼントとしての

長財布どちらを多くオススメしたのかと振り返ってみると

恐らく「ラウンドファスナー式」の長財布だと思います。

一昔であれば、ファスナー式の長財布は女性ものというイメージも

ありましたが最近では、男性愛用者が増えています。

その火付け役となったのは、

ボッテガヴェネタのラウンドファスナー式長財布だったのでないかと感じます。

f:id:Alevel:20170713195734j:plain

ファスナー式と2つ折り式の長財布、果たしてどちらが良いのでしょうか?

メンズブランドの革小物で人気が高いダンヒルの商品を使って

検証していきます。

 

2つ折り式 長財布

見た目で感じるのは、やはり男性物の長財布というイメージが強いですね。

長財布の大きさは、商品やデザインによって多少異なりますが、

大体、横19cm 縦9cmぐらいが平均の作りとなっています。

2つ折り長財布の魅力はスマート印象。

ビジネスシーンなど、フォーマルジャケットの内ポケットに収納しても

かさばらない点もメリットの1つです。

スマートなお財布だから収納力があまりないのでは?と感じるかも知れませんが、

「スマートでも収納力はあります!」

f:id:Alevel:20170713195755j:plain

写真掲載しているダンヒル 長財布であれば、

お札入れと小銭入れが1ケ所づつ、カードスロットは10ヶ所、

多目的ポケットが2ケ所あり、申し分ない収納力です。

 

あえて欠点があると言えば、このスマートな長財布に

レシートやあまり使用しないポイントカードを詰め込みすぎて

財布が膨らみ見た目も使い勝手も悪くなってしまいます。

限られた収納スペースで整理整頓して使用すると

見た目も使い勝手も良くなります。

 

ラウンドファスナー式 長財布

ラウンドファスナー式のが好まれる理由は、使いやすさです。

外周にあるコの字型やL字型のファスナーが取りつかれれたこの財布は、

財布の中身を落とすような心配がありません。

f:id:Alevel:20170713195814j:plain

2つ折り(見開き)式の長財布と並べてみると

折りの方はカッチリとした印象があり少しお堅いイメージもありますが

ラウンドファスナー式の方はというと、

角が丸くなっていることもあって柔らかな表情をしています。

外見もお洒落でバッグに収納して持ち歩く男性よりも

手に持って歩いている男性を良く見かけます。

2つ折り(見開き)の財布よりも1mm~1.5mmほど高さがある

ので内側にスマートフォンの大きさによっては収納する事も可能です。

f:id:Alevel:20170713201342j:plain

良いとこどりのラウンドファスナー長財布にも感じますが、

デメリットとして感じる部分もあります。

ファスナーの開閉が面倒だったり、ジャケットの内ポケットに

収納できないなどの声もあります。

 

まとめ

自分が財布を使う要素を考えて選ぼう

タイトルにもありました「正直どちらが良いのか?」

結論としては、両者ともに一般的なメリット・デメリットがあることが分かります。

その人その人にあったスタイル・目的で長財布(財布)を選ぶ方が

使い勝手もよく愛着も出てくるはずです。

ですが正直、今はラウンドファスナー式長財布の方が

人気を集めている事には間違いありません。

でもお財布選びで、何かの参考になってもらえたら嬉しいです。

ちなみに私は、ズボンの後ろポケットに収納できるコンパクト派です(笑)。

 

f:id:Alevel:20161126183642j:plain

 http://www.a-level.jp/