宮崎市 ブランドショップ エイレベル

エイレベル宮崎店。誕生日プレゼントや贈り物などお任せ下さい!イルビゾンテやマリメッコにポールスミス、エッティンガー、スワロフスキー、バカラなどなど

2017秋冬ファッションに英国タータンチェックを取り入れよう

f:id:Alevel:20171101170416j:plain

エイレベル宮崎の吉田です。

秋冬のスタイリングに活躍する毛織物が今年も店頭に並びました。

現在、ポールスミスのマフラーなども入荷している所ですが、
やはりオススメしたいのは、当店が総代理店を務めている
スコットランドの老舗「KNOCKANDO WOOLMILL ノッカンドウ ウールミル」です。

何度かハテナブログの中でも、ご紹介させて頂いていますので、過去のブログもご覧になってみて下さい。

alevel.hatenablog.com

alevel.hatenablog.com

KNOCKANDO / ノッカンドウの毛織物製品

1974年。

今から約230年前、豊かな水と雄大な自然に囲まれた
スコットランド、ハイランド北東部でこの毛織物ブランドは誕生しました。

この地域は、水質が良く大自然にあり、スコッチウイスキーの蒸留所が数多くある事でも有名です。

 

KNOCKANDO(ノッカンドウ)のラムズウールが驚くほど滑らかで手触りがいい理由は、水質や環境がいいなどの様々な条件が揃ったなかで育った羊たちの羊毛を使用しているのも理由の一つです。

もちろん素材だけではなく、途切れることなく受け継げられた伝統技術の製法で織り込まれています。

KNOCKANDO(ノッカンドウ)の製品には、歴史とその土地に携わる人々の想いが込められています。

 

ラムズウール100%の暖かさを検証してみました。

市販の毛織物(マフラー等)で多く見られるアクリル100%とラムズウール100%、見た目は同じような毛織物でもどの程度、暖かさが違うのでしょうか。

ラムズウールの方が暖かいと、私たちはお客様達にお伝えしていますが、言葉だけではなかなか実感してもらえない事もあります。

そこで今回、どの位違いが出るのか、サーモグラフィーで比較してみました。

f:id:Alevel:20171101170832j:plain

検証の内容は、それぞれの大判ストールを5分間着用してもらい、その後の衣類の表面温度を調べたものです。

この日は風が強く、ラムズウールの方が
風をしっかりと遮断していることが分かります。

ノッカンドウのラムズウールは、その他の製品と比べると厚みがあるだけではなく、閉じ込めた冷たい空気を暖め、しっかりとその中で保温性を保つことができます。

サーモグラフィーを見ると実際の温度にもよく表れています。

平均気温が低い土地で育った羊たちの羊毛と、職人の技術がこの暖かさを可能にしていると言っても過言ではありません。

 

マフラーや大判ストールに使用されたデザイン

KNOCKANDO(ノッカンドウ)製品の全般のデザインには、
日本でも馴染があるタータンチェックが起用されています。

f:id:Alevel:20171101171529j:plain

色の組み合わせや線の太さなど掛け合わせたタータンチェックには、多くのパターンが存在しています。

何気なくファッションの中に取り入れているこのタータンチェックには、意味があり、古い歴史がある事を皆さんはご存知でしょうか?

 

タータンチェックが誕生した理由

まず初めに、私が今書き込んでいる「タータンチェック」という言葉ですが、本来「タータン」という呼び方が正しい表現です。

実際に、スコットランドではタータンとしか言いません。

随分と昔の話になります。

スコットランドに住んでいたケルト民族が、一族を象徴・区別するものとして、タータンと呼ばれる柄を使用したのがはじまりです。

そこから、国や地域、そして家を象徴するものとして様々な色とラインを組み合わせたタータンが誕生していきました。

この時代に日本でタータンの言葉を表現すると「家紋」のようなものです。

その他にも、争いごとが多かった頃のスコットランドの戦場でタータンは、敵と味方を区別するための目印としても使用されていたようです。

この話を知った時、何気にファッションに取り入れているタータンに、深い歴史と意味があったことにビックリしました。

 

ノッカンドウのタータン、どれがオススメ!?

f:id:Alevel:20171101181039j:plain

ノッカンドウのタータンの中には、古い歴史から存在するタータンと
新しく生まれたニュータータンが存在しています。

どれがオススメですか?と言われても、正直それぞれに個性があって着用する方の色の好みなどもあるので回答に困ってしまいます。

でも、エイレベル宮崎店に来店していただければ、お客様との会話のやり取りの中からオススメするタータンを提案させていただいています。

 

個人的におすすめしたいタータンなら「ストラサーン」

ストラサーン タータンは、マスタードイエローをベースにレッドとオリーブを組み合わせた美しいタータンです。

f:id:Alevel:20171101181056j:plain

日本では、ファッションに使用されていることはあまりない、珍しいタータンかもしれません。

それもそのはず、このストラサーンは由緒ある、ストラサーン伯爵家のシンボル(象徴)でもあります。

2011年には、ウィリアム王子とキャサリン妃とのご結婚をお祝いし、エリゼベス女王から贈られたエピソードも有名です。

このストラサーンの名前の由来は、スコットランドの中心に位置するストラサーン地方から用いられています。

 

 一番人気は「スチュアートイヴ」

このタータンは、ホワイトをベースにレッド、グレー、ペールブルーの組み合わせで、全体的に優しい印象のデザインです。

f:id:Alevel:20171101181111j:plain

コーディネイトしやすいカラーなので、女性の方が手に取られる方も多く、男性から見ると、多くの方が「女性らしい印象がある」との事でプレゼントとして選ばれています。

 

伝統あるノッカンドウのギフトボックス

f:id:Alevel:20171101170914j:plain

マフラーと大判ストールは、それぞれのサイズに合わせた専用ボックスにリボンをかけてお客様にお渡ししています。

このパッケージには、ノッカンドウを舞台にした小説の中で使用された挿絵が描かれており、
この100年以上前の風景画をご覧になった多くのお客様から、「すごく素敵なパッケージを使用されているんですね。」という言葉をいただいております。

 

まとめ

簡単ではありますが、タータンの歴史やKNOCKANDO WOOLMILLについて今回、ご紹介させていただきました。

クリスマスも間近くなってきたこの季節、毎年多くのお客様から贈り物としても選ばれており、製品についても評価の高い声をいただいています。

大切な贈り物だからこそ、KNOCKANDOの製品には、本物のぬくもりと思いが込められていると私は感じます。

 

f:id:Alevel:20171012180137p:plain

http://www.a-level.jp/